正しく整理する

遺骨を持つ男

遺品整理は亡くなった方の身の回りの品を整理すると同時に、遺族の気持ちの整理もつけるために行うものです。一つ一つ片付けていくことによって家族の悲しみの気持が収まっていく形が最も望ましいとされています。 しかし中には遺品整理をすることにより、さらに感情が落ち込んでいってしまうケースもあります。また遺品整理をしなければいけない人間自身が高齢であったり、体が不自由な状態であるため遺品整理がおぼつかないこともあり得ます。 そんな場合では、結局整理をしきれずに思い出の品も何もかも処分できないまま過ごしてしまったり、逆に仕分けることもできず一切合切まとめてゴミに出さなければいけなくなってしまうことも考えられます。

これまでの遺品の取り扱い方では、あまりにも無駄が多く片付けるのも手間がかかりすぎでした。しかし最近ではこういった問題をとらえて、いろいろなアプローチ方法で遺品整理を促す方向に変わってきています。 そのひとつが生前に自分で遺品整理をすることです。自分で生前にあらかじめ遺品整理を行うことによって、自分の死後残された人たちの負担を少しでも軽くしようという目的で行う整理方法です。 自らが持ち物の取捨選択を行うため、自分で形見分けや必要な品物の選別ができ、これが死後の荷物の整理の負担を大きく減らしてくれます。また遺品整理を請け負う業者もいるため、大型の持ち物はそういった業者に頼んで処分してもらうこともできます。 いずれにしても、遺品整理は計画的に行うことにより、自分にとっても残された者にとってもいい結果をもたらすことがあります。機会があれば身の回りを見渡して、身仕舞いの支度の仕方を考えるのもいいことではないでしょうか。