遺骨を持つ男

正しく整理する

遺品整理は故人との別れに対して気持ちの整理をつけるために昔から行なわれてきましたが、整理をする時に手間がかかるケースが多くありました。遺品整理は計画的に行うことによってスムーズに進めることが可能です。

この記事の続きを読む

法要引き出物や仏事ギフト、香典返しのことならジャストハートをご利用ください。必要なアイテムが全て揃うはず。

廃棄書類と男

生活保護を活用

葬儀をするときにはそれなりの葬儀費用がかかりますが、もし生活保護を受けている場合であれば葬儀費用の給付を受けられる場合があります。一定の基準はありますが役所や県で実施しているので相談してみても良いでしょう。

この記事の続きを読む

白いトラック

成年後見を利用する

 

加齢に伴って自分自身の判断能力が低下してしまった場合には自分の代わりに財産を管理する成年後見の手続きをすると良いでしょう。この制度はそれなりの費用がかかりますので事前に司法書士に相談してみることが大切です。

この記事の続きを読む

指さす作業服の男性

自分好みの墓に

最近ではお墓も多くの人のニーズに合わせて様々なデザインのものが誕生しています。最近では墓石専門のデザイナーも多く存在しているので、理想のお墓の形があるのであれば、一度依頼してみると良いでしょう

この記事の続きを読む

洋風のリビング

香典を考える

葬儀を行なった後に必要なのが香典返しです。その香典返しには選び方も含めて注意点があります。葬儀は何度も行なうことではないですが、いざというときのために知っておくべきでしょう。

この記事の続きを読む

ものが多くても大丈夫

ご不安なことはなんでもご相談ください。成年後見の手続きをするなら司法書士にまかせるのがおすすめです。詳しくはコチラへ。

数珠と祈る女子

3年前に父が亡くなって実家を売却することにしたのですが、その時の条件に引き渡しまでに家の中の物を完全に片付けておくことがありました。ところが父は極度の収集癖で、家中色々な物で足の踏み場もない状態でした。本や新聞だけではなく、色々買い込んで使いもしない物が山となっていました。そこで、売れそうな物は古物商の方に買い取ってもらうことにしたのですが、ほとんど価値のある物がなく、数点ほどを買い取ってもらっただけで、まったく遺品整理になりませんでした。次に近所の方々に遺品のお裾分けという形で、使える物があれば持って帰ってもらったのですが、それでも1割程度が引き取られただけで、依然家の中は訳の分からない物であふれかえっていました。

この時点で、家の引き渡し期間が一月を切ってしまってさすがに私も慌ててしまい、何か良い方法がないかと思ってネットを調べてみると遺品整理を専門に行ってくれる業者があるのを知りました。そこで早速連絡をしたところ見積もりに伺いますとのことだったので、担当者に来てもらうことになりました。さすがに来られた担当者も家中にあふれている色々な物にちょっとビックリされたようでしたが、さすがに専門家で、あちらこちらを調べながらメモを取り、てきぱき見積もってくれました。その遺品整理代は思った以上だったのですが、期限が迫っていたのでお願いすることにしました。それからすぐに遺品整理の専門業者の方が3人ほど来られて、手際よく片付けを始められました。結局わずか2日ほどであれほどあった色々な物がきれいに片付けられて、さすがにプロの仕事と納得しました。おかげで無事に家の引き渡しも出来て本当に助かり、世の中には本当に色々な仕事があるものだなとつくづく感心いたしました。