香典を考える

洋風のリビング

葬儀などで、香典をいただいた人には、香典返しを贈るのが一般的です。香典返しは、お茶や海苔、お菓子などが多く用いられます。最近では、葬儀会社などに香典返しの用意を依頼できることが多く、自分たちで忙しい中用意するということは少なくなりました。用意するときの注意点としては、個数を多めに用意するということがあります。足りない場合には、後日、郵送などで渡すことになりますが、手間もかかり、相手にも失礼ですので、なるべくそのような事態にならないように気を付けることが必要です。葬儀社などが用意している場合、すぐに追加できることもありますので、そのようなことになった場合には、すぐに相談することも大切です。香典をいただかず、焼香をされたのみの方には香典返しを渡す必要はありません。

香典返しは、香典をいただいた方へ、お礼の気持ちを表すためにお返しをするものです。昔は、香典返しは、仏教式では四十九日の法要が済んでから、挨拶状とともに送ることが多かったのですが、最近では、お通夜や葬儀の当日に渡すケースが多くなっています。香典返しの品物は、特に決まりはありませんが、誰もが使用するような品物や食べ物がよいとされています。葬儀社で詰め合わせになったセットを用意していることも多くあります。後から香典をいただいた場合には、その都度香典返しを送るようにします。金額は、一般的に、香典の金額の半額以下にします。葬儀の日に渡す場合には、金額はわかりませんので、香典の平均的な金額から香典返しの品を用意することになります。