生活保護を活用

廃棄書類と男

親族の死亡は突然であることが少なくありません。そんな時に問題となるのが葬儀費用です。あらかじめ用立てておいたものがあればまだしも、突然のことに費用が調達できないことも多いのです。 さて、そんな時に活用を検討したいのが生活保護です。生活保護というと、失業などにより生活費が工面できなくなった場合に利用する制度という認識が一般的ですが、実はそれ以外にも葬儀費用が工面できない時にも利用できる可能性があるのです。 もちろん生活保護から葬儀費用の給付を受けるには、各種の条件があり蓄えがある場合は給付を受けることができません。しかし、給付の可否の最終判断は、窓口となる自治体にありますので、まずは生活保護を扱う最寄りの窓口に葬儀費用の支給可否を相談してみるのが重要です。

突然の親族の死亡、しかも葬儀を行うのは自分といったときに頭を悩ますのは費用の問題です。葬儀費用に当てる貯蓄もないという例が昨今多くなっています。 さて、こうした際に利用を検討したいのが生活保護です。生活保護というと病気の者や母子世帯が日々の生活の安定のために受けるというイメージがありますが、葬儀費用のみでも一時的な給付を受けられることは以外に知られていません。 一定の基準額が存在するものの、収入が少ない場合には葬儀費用の支給を受けられることがほとんどなのです。生活保護は、市役所や県が実施していますので、葬儀費用の捻出に苦慮しているなら、まずはこうした行政機関の生活保護担当窓口に出向き、相談することが効果的です。